初対面の人に悩み相談をしてみたら・・・

こんにちは、杉浦由佳です。


これは、昨日のこと。


ネットマーケティング系のビジネスセミナーを朝から受講してきました。

2日間講座の昨日は2日目。


かなり早めについた私は、席でメールをチェックしていたんです。

するとお客さんから悩ましいメールが入っていました。


うーむ。悩んだ私は、ふと

隣の席にいる、とある会社の社長さんに、相談してみたのです。   


「見積もりを出していない案件に、請求書ください、とメールもらっちゃったんです。こうこうこういう経緯で。 今回、どうしようかなぁと迷ってるんですけど、どう思います?」と。   


一瞬、なんの話?というような表情をされたような気はしたけど、

すぐに、


「ああ、なるほど。そういうケースだったら、僕だったら、こうしますね。でも、逆のケースでなくてよかったですよ。いいお客さんですね。」   と。


その流れで、お客さんとの関係性なども軽く説明し、


「そうですよね。うん。やっぱりそうだわ。そうします!  ありがとうございました。」  

 と、いただいたアドバイスを参考にお客さんに返事を書いた。   


こんなことを気軽に初対面の方に 尋ねる私も私ですね。

しかし、親身に答えてくださったその方は、本当に気さくないい方だったなぁ。 

  

その日は、セミナーで学んだ成果を、今後も報告し合いましょうね、 とセミナー受講を終えました。    



ちょっと立場は違うんだけど、 私のライティング講座の受講生にも、わからないことは気軽に聞いてほしいなと思っています。   


出会って2日目の方でも、こんなに親身に気さくにアドバイスをくださるのです。   

思い入れのある自分の受講生ならなおさらのこと。 


受講中に、わからないところはどんどん聞いてほしい。

そうすると、用意していなかった深い話ができることもあるんですよね。


わからなくても質問せずに黙っている人は意外に多いように思います。

受講生に限らず、日本人は、遠慮しすぎの人が多いのではないでしょうか。 

あるいは、恥ずかしいという思いがあるのかな。 

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」   

なんて、昔の人はよく言ったものだと、つくづく思います。

 

そもそも恥でもなんでもない。

わからないことを「わからない、教えて」と言える人は

可愛げがあると私は思います。


ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000