努力しても、報われない理由

多くの人が、欲張りすぎ。

欲張って頑張りすぎだと感じます。


頑張ることは、これとこれだけと決めないと、

全部頑張ろうとすると、破綻します。  


時間は24時間しかないし、 物事はすべてトレードオフ。 

あっちを頑張れば、こっちの時間がなくなる。  


たとえば、ワーキングマザーが、 仕事も、育児も、料理も、

片付けも完璧に、 とか、

自分を追い込むのにもほどがある。

 

「ステキな奥さま」情報に翻弄されず、 

プライオリティで生きては?と思う。


私の優先度は、仕事と育児。 


料理は時短、片付けは週末のみ。 

散らかっていたって罪悪感は感じない。 

 人が来るときは、 空き部屋に全部押し込む。笑


 疲れていたら、片付いてなくても 昼寝してその日は外食にする。 

それでも、時間が足りなくて やめられることは何かと考えてる。 



仕事も同じ。

自分がやらなければいけない仕事以外は、

できるだけ誰かにお願いするといい。


あなたが、フリーランスや事業主なら特に。


私は、フリーランスになってから何年もの間、

あれもこれも一人でやっていました。


事務も、お客さま対応も、交渉も、提案も

企画も、コピーライティングも、経理も、

リサーチも、資料作成も、掃除も、

スケジューリングも、進行管理も、、、

全部一人でやっていたのです。


そこに家事・育児まであったのですね。

常に時間がなくて、土日も祝日も

お盆も正月も区別なく働いていました。


そして、幼い娘に我慢ばかりさせていました。

それが一番の後悔です。


今は、資料作成はアシスタントさんにお願いし、

リサーチは外部の人へ、

進行管理はスタッフに、

事務・経理も専任スタッフへ

制作もかなりスタッフにお任せしています。

 

私は、企画、交渉、コンセプトメイキング、

プレゼンテーション、マーケティングプラン。

少し編集やコピーライティング。

得意なところだけに集中しています。


正解だったなぁと思うことは、

さほど儲かっていなかった頃から、

アシスタントさんを採用したということ。


すると、

それに見合って収益が上がったのです。


結果が出る前に、

結果が出ている人のマインドセットを採用する。

それを常に意識しています。


話が横道にそれたのでもとに戻すと、


「すべてを努力することは、

 一つも努力していないのに等しい」


私は自分にそう言い聞かせています。







イラスト著作 「無料イラスト素材はちドットビズ」 http://ha-chi.biz/

ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000