「最悪なできごと」は、「宝」になる。

昨年の終盤から、もう最悪!なことが、
いくつも起こりました。次々と起こりました。

もう、ほんとうに。
筆舌に尽くしがたい、苦痛・悲しみ・屈辱・嘆き・失意・・。

最近は、ああ、「人生が大きく変わっていくなぁ」
と実感しています。


(もう立ち直ってます。
 だからこうして書けているので大丈夫です。

 すごい自己開示してるな、私)


さて、そんな「もう最悪!」なできごとの数々、
これは宝になります。


あのね、これ、したくてする経験じゃないからね。
絶対に、求めて得るものじゃないから。

だって「最悪」なできごとですから。

だからこそ、貴重な体験でもある。


たいていは、自分が招いたことであることが多いのですが。

自分がしたことが原因で、巡り巡って、
それが時間差で結果としてやってくる。
(これ、私のクライアントさんのセリフ)


ちょっと横道にそれました。

この「最悪」がなぜ「宝」になるのか。


強烈に苦しい体験をすると、苦しい人の気持ちがわかるようになる。

苦しい人のメンタリティ、心性がわかりますよね。


文章を書くために、私たちは、何を理解しているべきなのか。

「人の感情」だと思います。

人が読む文章を書くのですから。


楽しい、嬉しい、純粋に誰かを思う気持ち、

達成感、いたずら心、せつなさ、さみしさ、

悔しさ、郷愁、憂い、憎しみ、不安、恥、

どれも、体験すること以上の理解はありません。


苦しみぬいている主人公が出てくる小説を読んでもね、

心理学者の解説を読んでもね、

なーんか、わかった気になるだけ。


自分が体験して、ぎゅーっと胸がしめつけられて

息もできないような思いをして、
涙も出てこないショックを受けて、
泣いて泣いて、涙がとまらない時間も過ごし、

誰かを憎んだり、自分を責めたり、悔し涙を飲んで諦めたり。


そういう経験を自分が身をもって体験して、
はじめて腹の底から、理解できるというもの。


できるだけ避けたい「最悪なできごと」も、

「なんだったら、死んだ方が楽だわ」

と思うくらいの痛みだったとしても、

生きる理由があったのなら、

せっかくのその体験を、しっかりと味わい尽くす。


私たちは社会的な動物です。

人間関係は生命線です。

自分が苦しい苦しい、と嘆いているばかりではなく、

その気持ちを、じっくりと体験して「人の気持ち」を
理解する礎にする。


そして、

苦しんでいる人を思いやる優しさに変えて
生きていきたいものですね。


ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000