カメラマンS氏への疑惑!?

とある企業のブランディングのお仕事で、

全国にいるスタッフの方々(70人くらい)の

プロフィール写真を撮影しなければならなくなり、

夏に大阪に撮影に行きます。


私は、そのときに、

インタビュー取材を数本させてもらい、

その撮影も同時にするわけです。


大勢の撮影なので、ダンドリや時間調整がたいへんで、

流れ作業でどんどん撮るよーって話していて、

ふと気になった。


「でも、女性は、写真のできをすごく気にしますよー。

満足しないと、『もう一回撮り直してっ』 とか言われて時間がかかるんじゃないかしら」


以前、インタビュー取材で、

「素人撮影でも良いから」と言われ、

デジカメで写真を撮ったことがあったのだが、


そのときに、

男性は1発でOKをくれるのに、

女性は、何度も撮り直しをしたり、

自ら「これを使って!」と

写真を送ってきたりすることがあったので。


まぁ、私も女なので気持ちはわかる。わかる。わかる。


すると、ブランディングコンサルタントの M さん、


「どう撮ったって、実物よりは、ステキになるよ!? まちがいなく!

彼ら、プロだからね」


きっぱりと言い切る。


はっ! それはそうかも⁉︎

かなりのわがまま・・・じゃなくて、

こだわりのある女優さんのインタビュー取材のときだって、

カメラマンの撮った写真に「NO」とは言わなかった。


どのショットがいいかは選んではいたけれども。

(エアコンの調整には、分単位でリクエストをしていた。。)


カメラマンにもいろいろな方がやっぱりいらして、

知り合いのSカメラマンは、

私が思うに、男性のプロフィール写真を撮らせたら、恐ろしくいい。


タレントさんも大勢撮影されているけれど、

素人さんの写真が、ほんとうにステキに、取れている。


なんというか、凛々しく艶っぽく、

魅力的に写っているのよ、みんながみんな。


共通の知人が多いので、

Facebookのプロフィール写真を見ながら、

これは彼の撮影だな、となんとなくわかるほど。


女性?

女性もいいのだけど、

なんだか、女性も凛々しく男前に写っている気がして。


ある日、気になって聞いてみた。

「Sさんて、もしかして、女性より男性の方が好き? 」

「そんなことないですよ。何言ってるんですか!女性の方が好きですよ、女性大好き!女性めちゃくちゃ好き!」


そんなに力説せずとも良さそうなものだけど。笑


いまでも、なんとなく私は疑っている。

関根さんは男性の方が好きなんじゃないかと。


あ、名前出しちゃった。



※ ご本人の許諾を得ています。


ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000