近道なんかない。でも確実な道はある。

昨日、TVで野口健さんを見かけました。


熊本で、車中で眠る被災者の健康のために、

足を伸ばして寝られるように、

テントを提供しているというニュースでした。


「足伸ばして眠れる」…野口健さんがテント提供


野口さんといえば、何年か前、

一橋大学に講演にいらしたときに

聴講させてもらいました。


そのときに、お話されていたことで

印象に残ったことの一つを、

今日は、ご紹介します。


それは、次のような主旨の話でした。


------------------------------------------------------

「若い人たちに向けて、

どうやったら大きな夢を叶えられるのか

おしえてあげてください」


などとインタビューされることがある。


コツのようなものを、

求められているのかもしれないが、


そんなものはない!


ただ、信じた道を地道に

一歩一歩諦めないで進んでいくだけだ。


難しい高山の登頂を成し遂げた直後の

インタビューだけ見ていると、

華やかに見えるかもしれないが、


その何百倍もの、

もっと地味で地道な時間を

過ごしている。


マスコミや有識者が若者に向けて、

まるで、どうかすれば要領よく

成功できるかのようなノウハウを

伝えていることがあるけれど、


はっきり言ってあんなのは嘘っぱちだ。

成功するのに、「近道」などない!


それを、ただウケがいいというだけの理由で、

そんな嘘っぱちを若者におしえては

絶対にいけない。

------------------------------------------------------


概ね、そんな内容だったと思います。


コピーライティングを学んでいると、

読者の注意を惹くための

鉄板のコンセプトがいくつかあります。


これを言われると、

多くの人がつい気になって読んでしまう。


その鉄板コンセプトのひとつが、


「楽ができる」


というものです。


「簡単に」

「たったの5分で」

「眠りながら」

「ただ聴き流すだけで」

「テンプレートにあてはめるだけで」

「毎日一粒飲むだけで」


今日も目にしました。


「たった10分間スマホ操作をするだけで、

月100万円の安定収入」


うーん。


先月、私はあえて真逆のコピーを書きました。

能力開発系プログラムのコピーです。


----------------------------------------------------

近道はない。でも、確実な道はある。

楽な道はない。でも、人生を楽しむ道はある。

自分がやるしかない。でも、そこには「絆」が生まれる。

----------------------------------------------------

*全文は、過去ログにあります。


ただ売れればそれでいい、

そういうコピーは、

もう書きたくないな、と思います。


ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000