電車がゴウゴウ目の前を通り過ぎる カフェランチ@秋葉原

昨日は朝から取材だったので、

朝食を食べそこね、

取材中におなかが「ぐーっ」と鳴る。


おなかが鳴るタイミングに合わせて、

インタビューの質問をして、

自分の声で、おなかの音をかき消す!


という小技で切り抜け。


それから秋葉原に移動して、

親しい友人と合流してランチ。


「まんせいばし」辺りが、

かなり、よろしいことになっている。


というので、連れていってもらう。

高架下もステキなショップになっているのだけど、↓

お目当ては階上の、

プラットホームを活かしたカフェレストランだという。


上にあがって、廊下はこんな感じ。

まずは、ランチビール。
フリーランスの醍醐味?


「工事の風景が残念だね」

と、友人はいうけど、

「外壁修繕」の取材を終えたばかりの私は、
「いやいや、工事は大切な仕事なのよ」
と応える。

全面、窓ガラスで、上は吹き抜け

風を気にしないでいられるオープンテラスという趣。


カフェはホームにあるので、

電車が近くをゴウゴウと通り過ぎる。


こっちからも。


こうしてみると馴染みの中央線も

風情があります。


ビールを飲んでいるのに、料理と一緒に

セットのアイスコーヒーが出てきてしまうのだけど、

まあ、いいでしょう。


なにしろ、今日は、

とびきり、気分がいいのだから!


(昨日だけど)

ライティング・コンサルタントの視点から

杉浦由佳  ライティング・コンサルタント。コピーライターとして独立して15年。書くための発想法、訴求力のある文章術などを中心に、仕事現場や日常のことなど、とりとめなく書いています。トレンド誌やビジネス誌のコラム広告のほか、企業のプロモーション支援・ブランディングに携わる一方、元ITエンジニアの杵柄で「情報セキュリティ」の連載記事なども執筆。「稼げるライターのためのライティング講座」 講師。

0コメント

  • 1000 / 1000